弁護士法人 森田法律事務所

tel 092-732-0820受付時間(平日9:30~17:30まで)

福岡県福岡市中央区大名1-8-20 大名クリエイトビル7階

弁護士法人 森田法律事務所TOP > 交通事故問題 > 交通事故問題解決事例

交通事故問題解決事例

交通事故問題 解決事例1

保険会社の提示金額275万円が弁護士の介入により690万円に増額して示談

依頼者(会社従業員・兼業主婦)は、徒歩で横断歩道を横断中、交差点を右折してきたトラックにはねられた。

すぐに救急車で病院に搬送され入院治療を受け、間もなく退院できたものの、全身打撲、腰椎圧迫骨折、頚椎捻挫などによる強い痛みが続いたため、復職できずに退職を余儀なくされた。その後、1年8か月に及ぶ治療を受けたが後遺症が残り、自賠責後遺障害等級14級の認定を受けた。

<解決内容>

加害者側の保険会社は、当初、賠償金275万円(既払い金430万円を除く)を提示した。そこで、弁護士が依頼を受けて、自賠責に対する後遺障害認定の異議申請をしたり、保険会社と粘り強く交渉するなどした結果、賠償金690万円(上記既払い金を除く)で示談が成立した。

交通事故問題 解決事例2

有職者(嘱託従業員)が交通事故により頚部捻挫(むち打ち症)などの傷害を負い、長期間の治療を余儀なくされた。

<解決内容>

事故相手方側の保険会社からは当初114万円(既払い金を除く)の提示を受けていたが、弁護士が依頼を受けて示談交渉した結果、示談金252万円(既払い金を除く)で和解。

交通事故問題 解決事例3

専業主婦が交通事故により死亡。

<解決内容>

事故の相手方側の保険会社からは当初2790万円の提示を受けていたが、弁護士が依頼を受けて訴訟を提起し、結果、解決金4800万円で裁判上の和解。

交通事故問題 解決事例4(後遺障害非該当)

被害者(専業主婦)は、自転車に乗車中、自動車に接触されて転倒し、頚部捻挫(むち打ち症)などの怪我を負って、約4か月の通院治療を受けた。

<解決内容>

加害者側の保険会社は、当初、賠償金67万円(既払い金を除く)しか提示しなかったが、弁護士が依頼を受けて示談交渉した結果、賠償金120万円で示談が成立した。

交通事故問題 解決事例5(後遺障害14級)

被害者(自営業者)は、自動車を運転中、追突事故に遭い、頚椎捻挫(むち打ち症)などの怪我を負って、約7か月間の通院治療を受けた。

<解決内容>

加害者側の保険会社は、当初、賠償金185万円(既払い金を除く)しか提示しなかったが、弁護士が依頼を受けて示談交渉した結果、賠償金300万円で示談が成立した。